会社案内 お問い合せ ご利用条件 個人情報保護 中国語ホームページ
フェイシャルテーピングに関することはこのサイトですべて解決できます。どんどんご利用下さいね(^-^)
HOME フェイシャル
テーピング美容法
ミニプチ整形
セルフ施術
アンチエイジング
セルフ施術
専用ケア美容品 よくある質問 ご愛用者掲示板 ご購入のご案内
ご購入のご案内

フェイシャル 
     テーピング美容法

ミニプチ整形
      セルフ施術
アンチエイジング
      セルフ施術
専用ケア美容品
  専用プレジェル
  プレジェルの成分
  専用はがしオイル
  はがしオイルの成分
  マイクロハーブ石鹸21
  3つの特徴
  4つの効果
  洗顔・洗髪美容法とは
  使用方法
  開発の経緯
  Q&A
  プレジェルについて
  はがしオイルについて
  マイクロハーブ石鹸21
  お客様の声
よくあるご質問
ご愛用者掲示板
ご購入のご案内
Google

貼り方診断&アイパチ占い
ご愛用者掲示板ipachiFANへ
ご購入はにこにこロハス生活本店へ
このサイトのアドレスを友達や自分のメールに送る

当サイトお勧め商品
専用ケア美容品
専用ケア美容品
マイクロハーブ石鹸21
マイクロハーブ石鹸21
ミニプチ整形レッスンDVD
ミニプチ整形
レッスンDVD


アンチエイジングレッスンDVD
アンチエイジング
レッスンDVD
プレジェルって?
 
プレジェル
プレジェルは天然海洋コラーゲンで作られたフェイシャルテーピング美容法・ミニプチ整形テープ専用ケア美容品です。
そもそもコラーゲンとは、からだの中で皮膚や骨、軟骨などに多く含まれるタンパク質です。
海洋性コラーゲン(魚コラーゲンペプチド)は、マグロ、タイ、ヒラメなどの魚の鱗・皮などから作られています。
プレジェルのもう一つの成分ゼラチンも、コラーゲンと同じく沢山のたんぱく質が含まれています。
人間の肌にも含まれているコラーゲンから作るプレジェルは、テーピング時の肌を保護し、はがれにくくする事を目的に作られたテーピング前の下地用ジェルです。
→プレジェルの成分について,
詳しくはこちらをご覧下さい
 
※ゼラチンアレルギーの方は使用しないで下さい。
※冷暗所、冷蔵庫で保管し、3ヶ月以内に使いきってください。
 
通常、専用テープ(テンダーテックス)を貼る場合、肌を清潔にした後、化粧水などは乾いてからテーピングします。 しかし、 肌の状態によっては肌の細かな凹凸に汗や脂膜などによりすき間ができてしまう人もいます。(下図参照)
プレジェル無し
 
すき間ができると時間が経つにつれ、そのすき間に汗や脂が分泌されて、少ない接着面しかないテープははがれやすい状態になる事があります。
これと同様に化粧水や美容液などを塗った肌も、化粧品に含まれる油分や水分がテープの粘着剤となじまず、すぐにはがれてしまったり、 貼りつきにくいと感じる方もいます。
 
プレジェル有り
プレジェルを使用すると天然海洋コラーゲンの皮膜ができ、肌の凹凸を平らにし、皮膚から過剰に分泌される油分をおさえ、テープの粘着剤がプレジェルの成分であるコラーゲンとなじんでピッタリと貼り付きます。
また、コラーゲンの皮膜があることで、直接テープの粘着材が肌に直接ふれないので、はがす時も肌を痛めにくくなります。 テープカブレをおこしやすい方にもお勧めです。
 
脂性の方や化粧水や美容液などを使う方は、油分でテープが貼り付きにくくなることがありますが、このプレジェルを上塗りすれば問題ありません。
★プレジェルの成分について★
 
プレジェルの原料 T 海洋コラーゲン(魚コラーゲンペプチド)
海洋コラーゲンとは魚の鱗・皮などから作られていて、分子量が30万〜40万と大きい動物性コラーゲンに比べ、海洋性コラーゲンの分子量は10万程度と小さいため、肌への吸収率が比較的高いコラーゲンです。
原料に使用しているのはその海洋コラーゲンの中でもスカール(魚のウロコ)と呼ばれる魚コラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチド(コラーゲンペプタイドとも呼ばれる)は、コラーゲンを酵素処理で分解し、低分子化したもので、食品として摂取した場合、体内でアミノ酸に分解しやすいため、吸収性が高められています。ゼラチン同様に水溶性を持っていますが、ゼラチンのように低温でゲル化させる性質はありません。健康食品として摂取されたり、保湿性があるために、化粧品原料にも用いられています。原料として、ウシ、ブタなどの家畜の他に、ヒラメ、サケ、スズキなどの魚類の皮や鱗を使用しています。原料として、粉末の他、水溶液で流通する場合もあります。
【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用】

化粧品に使用されるコラーゲンは保湿を十分することで、真皮の線維芽細胞の働きを促進し、結果としてコラーゲン線維を作りやすい環境にすることを目的として使用されているようです。

プレジェルではテープの貼り付きと肌の保護を目的に使用しております。

プレジェルの原料 U ゼラチン
ゼラチンは動物の皮膚や骨、腱などに含まれるコラーゲンに熱を加えて抽出したもので、たんぱく質を主成分としています。
用途は食品、接着剤、フィルム・印画紙、医薬品、化粧品、画材と様々。
化粧品に使用する場合はコラーゲン特有の優れた保湿力により、肌表面をみずみずしく、さらに肌表面のバリアー機能の回復、肌荒れの改善効果に利用されています。

プレジェルに使用しているゼラチンは牛由来のものです。牛骨(頭骨、脊柱以外)を使用していますが、厚生労働省が指定している脳、脊髄、眼、回腸遠位部等の特定危険部位及び頭骨、脊椎は使用していません)。狂牛病発生地域の原料も使用していません。当ゼラチンはアルカリ処理によって製造されています。
※アルカリ処理とは、原料の牛骨からとれるコラーゲンが線維を形成している為水に溶けないので、ゼラチンを製造する際にコラーゲンが熱や水で分解して溶けるようにする為にするアルカリでの前処理の事でう。
アルカリ処理をすると狂牛病の感染源である異常タンパクが排除され感染性が失われるとWHO等が発表しておりますので、万が一混入されたとしても、安全性は二重に確保されます。
ただし、食品なのでペーハーはアルカリ性にはしていません。【ゼラチン製造メーカーより】

プレジェルではテープの貼り付きと肌の保護を目的に使用しております。
※ゼラチンアレルギーの方はプレジェルのご使用を避けて下さい。

プレジェルの原料 V グリセリン
無色透明で粘り気のある液体。水に非常に溶けやすく肌を軟らかくし、しっとりとした潤いを与える効果があり、保湿剤として、また皮膚に対する柔軟剤として使用されています。毒性がほとんど無く、目薬や薬品などにも多く用いられるものです。

プレジェルを滑らかにし、肌に伸ばしやすくするために使用します。
 
プレジェルの原料 W 酸性水

副作用がなく軽い消毒殺菌作用があります。
収斂(シュウレン)作用・除菌効果があり、美容水として多く用いられるものです。

プレジェルの成分をうすめる基材として使用しております。

フェイシャルテーピング美容法に欠かせないプレジェルはご理解いただけたでしょうか? 次に、テープをはがす時に、大切なお肌を守る専用はがしオイルについてご説明いたします。
フェイシャルテーピング専用はがしオイルへ
マイクロハーブ石鹸21へ
 
専用ケア美容品Q&Aへ
HOME |会社案内|お問い合せ|ご利用条件|個人情報保護| ↑このページの一番上へ戻る にこにこロハス生活
Copyright(C) CLEAR INC. All Rights Reserved.